オンラインカジノを日本国内で遊んで違法性が問われるケースとは

オンラインカジノは海外を拠点にしたギャンブルですので、日本国内から遊んでも違法性が問われることはありません。
日本の賭博法というのは、国内に胴元がいる場合に限り適用されることから、オンラインカジノは適用外なのです。
しかし注意したいのは、あくまでも違法性が無いというだけで、「オンラインカジノを認める」「オンラインカジノは合法」といった法律は存在しません。

法律が存在しない以上、オンラインカジノは違法でも合法でも無いことから、俗に言うグレーゾーンとなります。
グレーゾーンだからこそ、ちょっとした勘違いや知識の無さから違法性が問われることもありますので注意が必要です。

そこで今回の記事では、オンラインカジノを日本国内で遊んで違法性が問われるケースとは?と題して、いくつかご紹介していきます。
知らなかったではすまされ無いこともありますので、しっかり頭に入れておきましょう。

日本国内に胴元が潜むオンラインカジノで遊ぶ

日本国内に胴元が潜むオンラインカジノで遊ぶ
オンラインカジノに違法性が問われないのは、海外サーバーを使い海外を拠点にしているからであって、日本国内に胴元が潜んでいるオンラインカジノで遊ぶのは違法行為です。
その代表的な例として、2016年6月に発生したドリームカジノ事件が挙げられ、大阪に拠点を置いていたことから、運営者が逮捕されました。

プレイヤーリストも押収されましたが、この時は警察から電話を使っての指導と警告がされた程度で、プレイヤーは事なきを得ました。
しかし今後もし同じような事件が発生した場合、プレイヤーも逮捕される可能性は十分に考えられます。

いくらライセンスを所持していたとしても、所在地のハッキリしないオンラインカジノで遊ぶは絶対に止めましょう。
また海外拠点であっても、ライセンスを持たないオンラインカジノで遊ぶのも違法になりますのでご注意ください。

インカジ店で遊ぶ

インカジ店で遊ぶ
インカジ店とは、インターネットカジノ店の略称で裏カジノとも呼ばれ、店舗にパソコンを置き、オンラインカジノで遊べる環境が整っている店のことです。
通常、オンラインカジノで遊ぶ時には、クレジットカードやオンライン決済サービスなどを使い入金し、勝利金を出金する際も同様です。

しかしインカジ店では、そこで働くスタッフに現金を渡し、オンラインカジノのクレジットに反映してもらいます。
もし勝利した場合には、スタッフを呼んでクレジットを確認してもらい、その場で現金を受け取ることができます。
このようなインカジ店は100%違法であり、運営者はもちろんのこと、そこに出入りしている客にも常習賭博罪や単純賭博罪が適用され、逮捕となります。

同じオンラインカジノでも、個人で登録して個人で入出金するのと、店舗に出向いてその場で入出金するのとでは天と地の差があります。
また最近では、堂々と「インターネットカジノカフェ」など書かれた看板を設置して営業しているインカジ店もありますが、もちろん違法ですのでご注意ください。

自分のアカウントを使って他人に遊ばせる

自分のアカウントを使って他人に遊ばせる
オンラインカジノの利用規約にも書かれていますが、オンラインカジノのアカウントは登録した本人のみしか使用できず、他人に遊ばせるのは禁止されています。
ただ単に遊ばせるだけでしたら利用規約に引っかかりはするものの、法的に違法性が問われることはありませんが、そこに現金の受け渡しが行われると違法となります。

例えば自分のアカウントに500ドルが残っていたとします。
ここで他人から500ドルを受け取りオンラインカジノで遊ばせるだけで違法ですし、もし勝利した時に、現金で渡してしまうと、やっていることはインカジ店と同じです。

つまり気が付かないうちに、オンラインカジノのアカウントを持つ人が胴元となってしまっているわけです。
警察が見ていないからバレない…っという考え方は非常に危険であり、違法でもバレないならやってもいいわけではありません。
法律で決められている以上、胴元と「見なされる」ような行為は絶対に止めましょう。

まとめ

今回は、オンラインカジノを日本国内で遊んで違法性が問われるケースとは?について3つの事例をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
オンラインカジノを日本国内で遊ぶこと自体に違法性はありませんが、法律で認められているわけではありませんので、立場的にはグレーゾーンです。

グレーゾーンだからこそ、最低限違法性が問われるケースを知っておく必要があります。
ドリームカジノ事件のように日本国内に胴元が潜むオンラインカジノで遊んだり、店舗型のインカジ店の利用、他人に自分のアカウントを貸して遊ばれせるなどは絶対に止めましょう。

万が一違法性が問われ、逮捕となってしまった場合、「知らなかった」「違法だとは思わなかった」などの言い訳は通用しません。
「知らぬ存ぜぬ」がまかり通るようでは、法律が存在する意味がありません。
オンラインカジノとは、ライセンスを所持する海外の合法オンラインカジノに登録し、自分が所有するスマホやパソコンを使い自分だけがプレイする、これを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です