手数料を確認してから出金手続きを行う

手数料

せっかく儲けたとしても、出金する場合には手数料が必要となります。オンラインカジノは確かに便利なサービスを多く持っているものの、やはりサービスを提供する側としてはお金を貰いたいと思うでしょうし、お金のかかるサービスについては手数料を取ることが重要だと考えていることもあり、手数料を取ることが多いのです。

手数料だけでも馬鹿にならない金額

日本の銀行振込手数料というのは、金額によって若干変わって入るものの、そこまで高いものではありません。むしろ安いと感じることも多いですし、最近はサービスを利用することで無料にすることができる方法も採用されていて、特別高いと感じることはありません。しかしオンラインカジノは海外にありますので、持っている口座も海外のものとなっており、移動させるためには手数料が必要となります。
この手数料ですが、30ドル位必要とされているケースがあり、オンラインカジノでこれだけの金額を支払ってしまうと結構大きな損失を受けることになります。これは外貨を出金するために必要な手数料が高くなっていることと、日本の口座に戻すことになればそれなりの手数料が何処も必要になっているからです。

出金できる外貨も決められてしまう

サービスによっては、出金できる方法が限られていて、ドルで出すことができる場合もあれば、それ以外の外貨じゃないと出金できないように設定されていることもあります。どのような方法で出金することができるのかをしっかりと考えていかないと、サービスとしては使いづらいところがあります。
特に出金サービスでは、何でもいいとされているものは少ないケースも多く、基本的にはユーロだったりドルだったりで制限されていることが多いのです。この制限によって色々特老することもありますので、手数料の変動も考えて対応している外貨を調べておくことになります。

手数料単位

手数料はすぐに取られてしまう

後から支払うからいいやと思っているのではなく、手数料はそのまま支払うことになってしまうので、基本的に不足している場合はかなり取られてしまうことが多くなってしまいます。
せっかく稼ぎを多く持っていたのに、手数料によって求めていた金額が出せなくなってしまうこともあります。出金の場合は手数料のことを頭に入れて、それ以上の金額は出せないことを理解してください。手数料を入れてマイナスになってしまう場合は、出金手続きが行われないまま放置されます。