大勝ちしたときこそ気をつけよう

税金トラブル

大金を得ているときこそ、実は税金等のトラブルが起こりやすくなります。大勝ちしているからまだ使っても大丈夫と思っていても、課税額が高額となり払えない場合もあり得ます。特にオンラインカジノでジャックポットを当てた場合、使いすぎて払えない・また使ってしまって大きく目減りさせてしまう等、払うことが難しいこともあります。

大金を得たら残しておくものは残す

ジャックポットを得ているなら、すぐに税金の掲載を行いましょう。計算をしておけば、どれくらい残せば大丈夫かがわかります。現時点でプラスとなっている金額を全て入れて、経費としてマイナスができる金額を入れます。これで税金の対象額が決まり、後はネット上のサービスを使って税金を算出します。所得税の金額が確定したら、その金額だけ他の口座に入れるなどして、絶対に使わないままにしておきます。
こうして分けておかないと、ジャックポットが出ているのに払えない問題が生まれます。まだ行けると思ったら、オンラインカジノで使いすぎて払えない問題が出ます。税金の計算は、通常とは全く違う手法を採用されます。損失が出てもこれは計上されなくて、使ったお金だけ計上されます。大量に使っているならいいものの、基本的に使っている額より払い戻しが少ない傾向もあるので、結果的に払えないことも多いのです。

経常利益

きちんともうけを確保した上で遊ぼう

ジャックポットを得た場合、しばらくオンラインカジノから離れましょう。そしてお金の計算をしておきましょう。お金を残してからもう1度遊び直して、絶対に税金が払えない問題を解消します。できないと追徴課税の問題が生まれたり、払えないので税務署に相談するなど、面倒なことも多数出てきます。
残すものを残して、これを省いて他の口座に入れておけば大丈夫です。後は残されているお金でオンラインカジノを再開しても構いません。お金を出すことからまずはスタートして、次に必要な税金分だけ取り出す、最後に残っているお金をまた入れてオンラインカジノをスタートします。払い戻しが少なくて、使った金額に対してかなり小さく、損失が出ている場合は経費扱いにできます。これを使って少しずつジャックポットの税金を減らすのもありです。
残さない場合は非常に厳しいことも多くなりますから、先に取り出すものは取り出してしまったほうがいいでしょう。安心感はこれで強くなります。