インカジの不正と摘発について

インカジとはどういうもの?

ニュースで話題となっているインカジですが、2006年を始めに、摘発が相次いでいます。
インカジは、名前の通り、インターネットカジノの略称であり、店内において、端末でオンラインカジノを客に提供し、そして店内でカジノが出来るというサービスになります。
しかし、インカジは、れっきとした違法のお店であり、摘発の対象となっています。経営者はもちろんですが、足を踏み入れて、プレイをしていたプレイヤーも逮捕されてしまう可能性が高いです。

インカジとはどういうもの?

インカジは、東京など首都圏の繁華街などを始めとして、全国の繁華街で営業されています。看板は出されておらず、違法店なので、キャッチを中心に人を呼び込んでいます。
ほとんどが暴力団の資金源となっており、暴力団がらみの経営者が経営をしています。

オンラインカジノとの色んな違い

インカジは、オンラインカジノと同じようにネットカジノであはありますが、色んな違いがあります。
オンラインカジノは、法律的には日本の法律で禁止されているというわけではなく、そもそも法律に明記されていないので、合法でも違法でもありません。

オンラインカジノは、海外においては、イギリスやフィリピン、キュラソーやマン島などの、合法国でライセンスを取得した上で運営されていますので、これを日本の法律だけで裁くことが出来ません。
つまり個人的にオンラインカジノにアクセスして、プレイをする上では、グレーゾーンとなっています。しかし、インカジは、店内で金銭のやりとりがなされているので、そういった面で違法になってしまいます。

インカジは、店内で金銭のやりとりを行い、さらにサイト側と儲けを折半しているということもあり、賭博を国内で行っていることになります。このため、違法となり、逮捕されてしまうことになります。

インカジは不正が多い

さらに、インカジは、不正が多いことでも知られています。

インカジは不正が多い

オンラインカジノについては、第三者である監査機関から監査を受けて運営されていますので、公平性は確かなものです。
しかし、インカジはそれをチェックする機関がそもそもありませんので、店主のやりたい放題という形になります。いくらでも不正が出来ますし、払い戻しに関しても、オンラインカジノのように自由ではないことがほとんどです。
このため、客側にほとんどメリットはありません。

摘発は頻発している状態ですので、インカジのキャッチにはついていかないようにしましょう。

摘発者が相次ぐインカジ

オンラインカジノと混同されがちなカジノカフェである「インカジ」ですが、2006年に摘発者が出てから、その後も摘発が相次いでいます。
インカジとは海外のオンラインカジノを店内のネットカフェで提供している、カジノカフェを指します。
摘発されたインカジでは、店のパソコンを使い、フィリピンのオンラインカジノをお客さんへと提供していました。そして現金を店内で払い戻ししていたということです。
客の負け分をカジノ会社と折半する形で店が儲けを出していたということで、賭博罪となっています。

今まで野放し状態とされているオンラインカジノ

オンラインカジノは、元々フィリピンやイギリスなどのオンラインカジノが合法とされている国で、合法的に運営されているものです。
海外のカジノで、日本人の旅行者が遊んでも、逮捕されることがないように、日本の法律だけで裁くことが出来ない側面があるため、今まで野放し状態となってきました。

今まで野放し状態とされているオンラインカジノ

しかし、こういったカジノカフェの摘発によって、今後は海外の業者であろうと、オンラインカジノにアクセスして国内からプレイをする分も、取り締まりをする可能性もあるというのが京都府警の見方です。

オンラインカジノとインカジの違いとは?

オンラインカジノとインカジは、金銭のやりとりに関する点と経営者が胴元であるかどうかの違いがあります。

オンラインカジノは、海外の業者が運営をしているということもあり、金銭のやりとりが海外で行われています。
つまり、胴元を取り締まることが出来ないので、今まで野放しとなってきたということになります。
法律的にグレーゾーンとなっているので、これをどうするべきかと議論されている状態です。

これに対しインカジは、店内で金銭のやりとりが行われ、店側がカジノサイトと儲けを折半していたことから、胴元が日本国内にあります。
このため、同じオンラインカジノであったとしても、摘発の対象となってしまいます。

今後は慎重になる必要がある

今後は慎重になる必要がある

このように、カジノカフェの摘発が相次いでいますので、歓楽街にあるインカジには足を運ばないようにしましょう。
経営者はもちろんですが、お店でプレイをしていた、プレイヤーまでも摘発や逮捕されてしまうリスクがあります。

しかし、オンラインカジノを自宅でプレイするのも、必ず安心であるともいえません。
今後どのような動きになっていくかはわかりませんが、慎重になる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です